SSTのコーチング1

学習指導との併用

コーチング1では発達指導において、学習とソーシャルスキル(社会的技能)の両面を重視しています。
なぜなら、ソーシャルスキル(社会的技能)の困難が解決しても、学習の困難が生じている場合、充実した学校生活は送れないからです。

ですから、通塾可能なエリアの方には「個別指導のコーチング1」での学習指導をお勧めしています。
個別指導のコーチング1はこちら


“一般的な個別指導塾・家庭教師”や“他の発達障害専門塾”と違う指導の特徴


“コーチング”による学習習慣の確立

一般的な個別指導塾・家庭教師、他の発達障害専門塾では単なる問題の解答・解説という「ティーチング」しか行わず、家庭学習の習慣化を意図した学習指導にはなりません。
これでは個別指導塾・家庭教師での授業時間だけ勉強するようになってしまい、いつまでも学習習慣は身につきません。

一方、コーチング1ではティーチングに加え、生徒が自ら気づくことを促し、自発的な行動へ導く「コーチング」の観点で学習指導を行います。
生徒の特性や目標に合わせた学習計画を作成し、学習管理を行いながら学習習慣を確立し、最終的に発達障害・グレーゾーン児童を自立へ導きます。
ここが“一般的な個別指導塾・家庭教師”や“他の発達障害専門塾”と違う点です。

「ティーチング」と「コーチング」
ティーチングは「教師が生徒に対して問題の解答・解説をすること」で、自発的な行動は想定されていません。
一方、コーチングは「生徒が自ら気づくことを促し、自発的な行動へ導くこと」が目的です。コーチング1では主に「分析」「目標設定」「モチベーション」「コミュニケーション」といった観点から、自発的な行動を行うための学習計画を立て、目標達成へのコーチングを行います。

発達障害の特性に配慮した指導例

学習障害   ADHD   自閉症スペクトラム
学習障害

ADHD

自閉症スペクトラム

お子さんの特性に最適な学習方法を私たちと共に見つけませんか?

個別指導のコーチング1はこちら

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする