SSTのコーチング1

注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは

注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、主に物事に集中することができず、忘れ物が多い「不注意」、落ち着きがなく、じっとしていることができない「多動性」、思いついた行動を唐突に行う、順番を待てない「衝動性」という特性を持つ発達障害です。

簡潔にいうと、「行動コントロールに困難が生じる発達障害」です。
そして、「行動」という目に見える困難なので、早期発見し易い発達障害です。

一方で、これらの行動がADHDによる特性だと理解されないとどうなるでしょうか。

・不注意なミスや集中に欠けることが何度も繰り返されば、怠けていると見られます。
・授業中に離席してしまったり、整列などができないと、しつけがなっていないと見られます。
・順番が待てなかったり、相手の立場を考えない言動をすると、ワガママだと見られます。
上記のように問題児扱いされ、叱られることが多くなります。

つまり、早期発見し易い反面、発見が遅れるとお子さんの自己肯定感が損なわれやすい発達障害といえます。
お子さんの自尊心が傷つく前に、少しでも疑いがある場合は発達相談センターや専門医に相談することをお勧めします。

※専門医に診断を求めても、すぐに「ADHDと確定診断」を受けるケースは決して多くありません。(ADHDの疑いがある、ADHの傾向があると言われることが多い。)

ADHDとソーシャルスキルの詳細はこちら

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする