SSTのコーチング1

SSTのコーチング1は、LD・ADHD・自閉症スペクトラム等の
発達障害児童向けのソーシャルスキルトレーニング(SST)を行う個別指導塾です!

文部科学省が平成24年に実施した「通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する全国実態調査」の結果では、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害)など、知的障害は無いにも関わらず学習や生活の面で特別な教育的支援を必要とする発達障害を抱える児童が通常学級に約6.5パーセント在籍している可能性が示されています。

このような状況を踏まえ、平成16年に発達障害者支援法が成立し、特別支援学級や通級指導教室での発達障害児童の受け入れなど支援体制が整いはじめました。

しかし、現実はどうでしょうか?

特別支援学級は未だ全ての小中学校に設置されているわけではなく、また設置されていても全ての発達障害児童が受け入れられるとは限りません。 通級指導教室については特別支援学級よりは幅広く受け入れられますが、指導時間は決して十分とは言えません。(週1回程度)

一方で、せっかく特別支援学級や通級指導教室に入ったとしても、クラス内の生徒の特性の違いによって、十分な支援が受けられていないと感じることも少なくありません。 なぜなら、特別支援学級は発達障害児童専門ではなく、知的障害児童もいるため、支援にばらつきが生じやすいからです。 とはいえ、多くの発達障害児童はそのソーシャルスキル(社会的技能)の特性のため、何かしらの支援がないと学校生活に困難が生じます。

このように発達障害に対する公的な教育支援は未だ十分とは言い難く、必然的に各家庭でソーシャルスキル(社会的技能)の訓練を行わなければならず、ご両親への負担が大きいのが実情です。

完全マンツーマンによるソーシャルスキルトレーニング

スタッフ紹介

学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、自閉症スペクトラム(高機能自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害)など様々な発達障害の特性を理解し、ソーシャルスキルトレーニング(SST)を行う発達障害専門塾が徐々に増えてきました。

しかし、多くの場合、特別支援学級や通級指導教室と同様に少人数制の授業となっており、必ずしもそれぞれの特性に合わせたソーシャルスキルトレーニング(SST)が受けられません。

また、多くの場合、その場だけの療育や指示を行うといった「ティーチング」に終始します。 これでは仮にその場では内容を理解できたとして、いつまでたってもソーシャルスキル(社会的技能)を自ら実行できるようになる「般化」にはつながりません。

私たちは「コーチング」のノウハウを発達指導に応用したソーシャルスキルトレーニング(SST)を行います。 完全マンツーマンでお子さんの特性を把握した上で、授業中に指導を行うだけでなく、授業外で日々やるべきことを具体的に指示し、自らソーシャルスキル(社会的技能)を実行できるように導きます。

お子さんの特性に最適なソーシャルスキルトレーニング(SST)を私たちと共に見つけませんか?

ソーシャルスキルトレーニングとは

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする